ライベストイン奄美<LIBEST INN AMAMI>

Museum

– 奄美戦史模型資料館 –

はじめに

第2次世界大戦の際に、ここ奄美大島にも空襲があり、多くの人たちが犠牲になりました。

1944年頃から奄美群島への空襲が始まり、たくさんのもの、たくさんの人の命が奪われました。

終戦後、サンフランシスコ平和条約が締結され、奄美群島(大島郡)は米国の信託統治におかれ、以来群民の祖国復帰運動はし烈を極め、数十回にわたる群民総決起大会断食運動などが行われました。1953年12月25日、奄美群島が日本に返還された事なども併せて紹介しています。

館内には100隻を超える日本海軍の軍艦を展示。模型によっては人の乗っているものもあり、戦艦の大きさを感じることが出来ます。

全国の模型師制作の甲板の板1枚ずつ再現している精巧な模型。

一式戦闘機「隼」の機銃やエンジンのファン等
当時の実物を展示

インフォメーション

■開館時間 9:00~18:00 ※閉館時刻の30分前までにご入館ください

■休館日  不定休

■入館料  お一人様500円(未就学生は無料) ※ライベストイン奄美にご宿泊のお客様は無料でご覧になれます。